データ復旧会社口コミ比較ガイド
データ復旧会社口コミ比較ガイド

大事なデータを確実に取り戻す方法、教えます

HOME » 専門業者のデータ復旧術 » 申込みから納品まで

申込みから納品まで

パソコンのトラブルで、データが確認できない、間違って大切なデータを消してしまった…という時の専門業者への依頼の仕方について、私が依頼した「デジタルデータリカバリー」の対応をもとに説明しています。

依頼からデータ復旧・受取まで

【データ復旧業者の作業工程】

  1. 問合せと申込み…パソコンの調子が悪くて、大切なデータが確認出来ない、間違って大切なデータを消してしまった時は、専門業者へ状況をメールや電話で相談します。
    場合によっては、再起動や自己判断での対処で、さらに状況が悪くなる場合もありますので、そのままにしておきます。
    ※業者によっては、簡単な相談を受けた後、機器類の障害の診断について料金がかかる場合があります。最初に問合せをした時に料金形態について確認しておきましょう。
  2. 障害を電話で受付・確認…電話やメールで、内容(メーカーやOS、RAID機器等)に応じて専門担当者へ振り分けられます。担当者は障害状況を確認し、おおまかに診断します。
    目安になる復旧の可能性の有無、かかる日数や費用について回答してくれます(電話だけでは正確な障害状況を確認しすることはできませんので、あくまで参考程度の回答になります)。
  3. 持込または発送…実際に機器類を確認し、障害の程度や復旧の有無などを、専門の知識を持った技術者に診断してもらいます。自分で業者に持ち込む方法と、宅配便業者などに依頼して発送する方法があります。
    ※急ぎの場合は、実際に業者に持ち込んだほうが早く結果を知ることができます。また、実際に依頼する企業の様子(応対マナーや事務所内の雰囲気等)も確認することができるので、重要なデータを任せても大丈夫かどうかもできるだけ確認するようにしましょう。
    また、機器類を発送する場合は、クッション材等を使ってしっかりと梱包し発送して下さい。この時に問合せした担当者がわかったら、一緒に記載しておくと良いですね。
  4. 初期診断と報告…機器類を調査し、データをチェックした上で、障害の原因をつきとめます。業者によっては、実際に機器が置いてある場所まで来てくれる「出張サービス」もあります。
    過去の復旧事例を元に、復旧できるまでの日数や部品の有無、費用を計算して見積りを作成してくれます。診断結果の報告と見積りが提示され、復旧作業を申し込むかどうかを選択します。
  5. 復旧作業と返却…復旧作業を依頼しない場合は、機器類を持ち帰るか返却してもらいます(郵送費は自己負担になります)。
    ※この時点までの依頼内容で費用が発生する場合は、規定の費用を支払います。復旧作業を依頼する場合は、機器類をそのまま預け依頼の手続きをし、修復作業に入ります。
  6. 作業完了の報告…修復が完了し、復旧したデータを自身で確認します。
    ※復旧作業は成功する場合と、復旧できない場合があります。業者によっては復旧できない場合も料金がかかる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。
  7. 支払いと納品…契約した費用を支払い、機器類を発送してもらって納品になります。
    ※機器類の運送費用については、自己負担と業者側の負担になる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。
 
ページの先頭へ

データ復旧会社口コミ比較ガイド