データ復旧会社口コミ比較ガイド
データ復旧会社口コミ比較ガイド

大事なデータを確実に取り戻す方法、教えます

HOME » 専門業者のデータ復旧術 » 費用とセキュリティ

費用とセキュリティ

「機器類のトラブルで業者に電話で相談したら、費用を請求された」等、業者によって、電話での相談で費用がかかったり、持ち込んでの初期診断で費用がかかったりと、料金設定が違うことが多いです。

また、もともとパソコンについて詳しくないので、請求された料金が相場より高いのかどうかもよく分からない、ということもあるでしょう。参考になるように、よくある障害のレベルに応じた料金についてまとめました。

一般的な料金設定について

【作業内容と障害レベル別料金】

  • 初期診断・調査…障害がある機器類を実際に調査・診断した上での費用になります。2~3万円前後が目安ですが、業者によっては無料にしていることもあります。
  • ハードディスク(HDD)のデータが読めない、パソコンが起動しない場合…データ領域のディレクトリ構造の再構築ですむ軽度の場合は、2~6万円前後になります。また、部品の交換や修理が必要な場合は5~10万円前後、状況によっては数十万円かかることも。さらに、RAID・サーバのトラブル(RAIDアレイに含まれるシングルドライブやRAIDカード損傷した、HDDの一部が機能しない場合)は、障害の状況により、10万~数十万円になる場合があります。
  • メモリーカードやUSBメモリのデータが確認できない、消えてしまった場合…障害の状況により、軽度の場合は1万円~となります。
  • MO・CD・FD(フロッピーディスク):メディアが認識されない、誤ってデータを削除してしまった場合…FDは1万円前後~、MOやCD等は2、3万円~が平均的な価格となっています。

安いとトラブルが多い?

安い料金にひかれて依頼したら、「修復できなかった」「時間がとてもかかった」ということが多々あるようです。

業者がコストを安く抑えるために、海外に送って修復作業を行うことがあります。そのため運送における日数がかかるため、国内で作業を行う業者より、日数がかかります。また、最初の安い料金に、いろいろ上乗せされ、「結局は高い料金を支払うことになった」という人もいます。

どうしても、広告の“安い”というキャッチコピーにひかれがちになりますが、障害に応じた適正な料金を設定している業者が良いので、気をつけるようにしてくださいね。

情報管理と秘密保持契約

パソコンやメモリに保存されているのは、企業にとっては、とても大事なデータです。外部に漏れたら大変なことになる顧客データだったり、企業内の経営に関するデータなど…。

この大事なデータを保護する為に、事前に「秘密保持契約」をデータ復旧業者と結びましょう。そして情報漏えい対策についても、しっかりと整備・対策がされている業者を選ぶことが、最優先ともいえる重要事項です

  • 秘密保持契約について…書面できちんと「秘密保持契約」を結んでから、依頼してください。法人はもちろんですが、個人で依頼する場合も、秘密保持契約を結んでおくと安心です。
  • 情報漏えい対策について…ISO27001を取得している業者を選ぶと安全性が高いです。
    情報セキュリティを確保・維持するためのマネジメントシステムであるISMSIを確立し、維持するために社内の体制を整え、情報セキュリティ管理者を置いているかどうかなどをチェックしましょう。
    データ復旧業者のサイトには必ず記載されていますので、依頼する前に確認しておくとベストです。

また、顧客データを扱っている場合は、個人情報の取り扱いについても規定類などを整備して、従業員へ徹底して教育を実施していることも大事なことですので、業者側の“情報の取り扱い”(プライバシーマークやISO27001の取得)についてきちんと確認することを忘れないでくださいね。

※Pマークは日本国内の規格(JIS Q15001)であり、ISO27001は国際的な規格となります。

 
ページの先頭へ

データ復旧会社口コミ比較ガイド